わきが 対策

MENU

一般メニュー記事一覧

アトピーの場合は乾燥に起因するかゆみも起こることが少なくありませんから、乾燥肌用の入浴剤を使ったり、保水成分が十分に配合されているスキンケアを使用すると良いですね。その他にも、軟水を使用して洗顔したり、体のケアをするのも良いでしょう。軟水は肌トラブルが起きる可能性が少ないことからアトピーの方には適しているのです。保水力が少なくなるとお肌のトラブルを起こす割合が高くなるので、気をつけてください。では...

肌の水分量が低下すると肌荒れしやすくなるので、ご注意ちょーだい。実際、乾燥を防ぐためには、どんな肌ケアをすればよいのでしょう?保水、保湿に効果的な肌のお手入れは、血流を促進する、美容成分を多く含んだスキンケア商品を使う、顔を洗う方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)に注意するという3つです。熱いお湯で洗顔すると必要な皮脂も洗い流してしまいますし、洗えてない部分があると肌...

朝の洗顔の際に、私の母は、石鹸や洗顔フォームで洗うことはありません。母は顔を洗う時には水だけで洗います。母は、洗顔フォームを使って顔を洗うと、必要な皮脂までもが全部落ちてしまってお肌にダメージを与えるから水だけで洗顔すべきという石鹸不用説をしょっちゅう話してくれます。そんな母は65歳にもかかわらずすべすべしています。敏感肌だったら乾燥肌でもあることがほとんどであるくらい別物だとはいえない密接な関連...

私は乾燥肌なので、スキンケアにはオイルのものを使うことにしています。オイルでマッサージしたり、オイルパックを行ったり、また、クリームを使う変りとしてオイルを使っている為、乾燥とは無縁の肌にすることが出来ました。常にツルツルとした肌になれてとても嬉しく思っています。ファンケル無添加スキンケアの場合、なにも無添加だけにこだわってつくられているのではないのです。お肌が元々持っている力を甦らせ、その美しさ...

スキンケア(高い化粧品を使えばいいというわけではありませんが、高い化粧品の方が効果が実感できることが多いのもまた事実です)でいちばん大切なのは、正しい方法で洗顔することです。洗顔方法を間違っていると、肌を痛めることになって、保水力の低下を招く原因になります。力いっぱい、ゴシゴシと擦るのではなく優しく洗う、すすぎ、洗顔をしっかりとするといったことを意識から外すことなく、洗顔して下さい。肌のカサカサに...

敏感肌でお悩みの原因は、水分不足によることが殆どですが、肌質に合っていない化粧水を使っても、かえって悪化指せてしまいます。肌質に合った刺激の少ない化粧品を用いて、ふんだんに保湿をするようにして下さい。ダブル洗顔は肌への負担が大きいので、刺激がマイルドな肌に合うクレンジング剤で、完璧に落とすようにして下さい。コラーゲン(硬タンパク質の一種で、十種類以上存在するといわれています)の効果のうちもっとも有...